一般社団法人

ヴォーカルコンディショニング協会​

(VCA)

​「声」を出すことについての研究と出会いの場を

一般社団法人ボイスコミュニケーティング協会

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

2020/12/1

New  VCA  Start!

(12/7更新)

AJO・朝チアで大活躍のクミッチェルに応援を頂きました!

​ありがとうございます!

(12/1更新)

一般社団法人ヴォーカルコンディショニング®協会は、

名称を「一般社団法人ボイスコミュニケーティング協会」と改め

「誰もが自分の意見を言うことができる世の中を創造する」

をテーマに事業内容を一新。

New VCAとして新たにスタートしました。
協会の略称は

従来通り「VCA」をそのまま継続いたします。

 

【ボイスコミニュケーティング協会とは】

《協会理念》

誰もが自分の意見を言うことができる

世の中を創造する

《協会ビジョン》

我々が槍となり盾となることで

個を守り個を尊重し個の価値を高め

個の自立を支援する

「人の数だけ意見がある」・「人の数だけ主張がある」・「人の数だけ考え方がある」

この3つを基本的な考え方として

「誰もが自分の意見や考え方を言ったり発信したりすることができる

世の中をつくっていきたい」というのが

ボイスコミニュケーティング協会 (以下VCA) の目指すものです

 

SNSであったり公の場であったり 友人たちとの会食の場であったり

大なり小なり自分の意見を発言する場はあります

しかし自由に発言できているようで

実はものすごく気を使わなければいけない社会でもあります

VCAは、そういう社会の息苦しさの盾となり

言いたいことがある人の意見を100%肯定し

協会が個に代わって発信いたします

<VCAのルール>

人の意見を否定しない

人の意見を遮らない

人の意見と対立しない

意見はすべて受け入れる

VCAが全て肯定する

【活動内容】

 

1 VOICE COMMUNICATING(ご意見発信)活動

利用者の声 (意見や主張) を汲み上げ、インターネットなどを通じて世の中に発信する活動。

これらの集められた声 (意見や主張) をデータベース化することで、世の中を動かす仕組みを構築する。

また、意見の合うもの同士でグループワークを行い、新たなコラボレーションを生み出しビジネスや教育などに展開する。

 

2 VOICE BANK(ご意見バンク)活動

利用者から集められた声(多くのご意見) は、VCAのご意見BANKに登録・保管する活動。

ご意見BANKに登録されたこれらの意見は、AIによって解析されデータベース化。

これらのデータは、企業活動や政策などへ提供することにより、商品やサービスの開発といった各種の事業などに利用する。

ご意見バンクに登録された意見が利用された場合には利子 (ご意見使用料)が発生する。これらは意見の発信者に一定の条件のもとで還元される。

 

3 VOICE ACADEMY(ご意見発信支援)活動  (近日開始の予定)

自分の意見を言いたいのに声を上げられない、声をどうあげればいいのか分からない、といった方々に向けて、セミナーなどを通してノウハウを伝授する活動。

・アカデミー オン ライン サロンの運営・セミナー開催

 

4 VOICE ENTERTAINMENT活動 (予定)

ご意見BANKに集まった意見などを音楽や映像、イベント等を使い世に拡散を行う活動。

 

5 VOICE DOCUMENTS活動 (予定)

ご意見BANKに集まった声をドキュメントにし、それらをデータベースとする活動。

 

6 VOICE EVENT活動 (予定)

利用者 (VCA会員) のために様々なイベント企画運営する活動。

 

7 VOICE FUN活動 (予定)

VCAの各事業を融合させ、利用者 (VCA会員) が主体となって事業開発を楽しむための活動。

 

8 VOICE GLOBAL活動 (予定)

日本国内のみならず海外に向けてご意見バンクの声の発信、また海外からのご意見を集めるための活動。

 

9 VOICE, LOVE & HOPE活動 (予定)

各事業によって集まった資金などを寄付金や義援金として有効活用するための活動。

【理事長メッセージ】

 これまで「声のコンディショニング」という声(ヴォーカル)に特化したテーマでスタートした当協会ですが、感染症や自然災害といったことが当たり前になりつつある社会の中で、もっと大きな視野で世の中を見ることの必要性を感じ、2020年12月より大きく舵を切ることにいたしました。自分が言いたいことを世の中や社会に、もっと言えるようにならないのか?をテーマに「誰もが自分の意見を言うことができる世の中をつくる」ことを目標に掲げ、名称を一般社団法人ボイスコミニュケーティング協会(以下VCA)と改めました。

 

最初にイメージしたキーワードが「VOICE」。「VOICE」という単語は…

①(人の)声,音声 ② 声を出す能力 ③ 発言権;投票権;影響力 / 代弁者 ④ 意見,意思,要望;表明,表現 ⑤(動物などの)音;(神などの)声,お告げ ⑥ 態 ⑦ 有声音 ⑧ ≪音楽≫声部;歌手 といった様々な意味があります。

 

 今ではインターネットやSNSが当たり前となり、自分の意見や言いたいことを手軽に発信できる環境は整いましたが、それがイコール自由に意見を言える世の中になったわけではありません。もしそこで本音を発信すれば、賛同や共感の意見も出てきますが、同時に反対意見や、いらぬ正義感からくる誹謗中傷なども集まります。

それがエスカレートすると「炎上」ということも珍しくありません。「炎上」「誹謗中傷」による痛ましいニュースも数多く聞かれ、社会問題にもなっています。それが怖くてSNS上では100%の本音や意見は言えなくなっています。これはSNSに限った話ではありません。著名人ともなれば、尚更気をつけなくてはいけなくなり、世間との調和に怯えながら発信をするという不自由さを背負っています。そのような風潮は、一般の方々にも広がり、ついにはSNSから離れてしまうことも多くなっています。

そこで私たちは「もっと自由に自分の考えや意見を世間に届けられる方法はないのか?」を考えました。個人が直接意見を発信すると問題が起きるのであれば、「VCAが個人と世間の間で中立的な立場になることで、VCAが個人の盾となり個人に代わって世の中に意見を出せば良いのではないか?」との考えに至りました。そのためVCAは「常に中立である」という立ち位置を崩さないことが必要であり、それが協会への大きな信用構築につながると考えています。

 

 先述した「VOICE」という単語。この中には、これから新しいVCAが目指すべき意味が多く含まれています。最初のうちはVCAがどんなことをする協会なのか、理解することが難しいかもしれません。少しずつ多くの方々からの声(ご意見 本音など) を集め、それをまとめ協会から発信するという活動を続けていく中で、VCAの存在意義が徐々に伝わっていくと信じています。そしてVCAに集まった多くのご意見は、明るくポジティブな世界を作るための材料となり、大きなムーブメントを起こすだろうと考えています。その明るい未来を目指して、一般社団法人ボーカルコミュニケーティング協会は、2020年12月1日から本格的に動き出します。

​理事長 木村和也

【VCAの予定する活動】

市スカイ

100 voices from each industry

さまざまな業界からのリアルなご意見から世の中が見えてきます

本音の世界を開放します

トークショーの対象読者

VCA Voice Session

VCAにご賛同いただいた方々とVCAスタッフによるVOICEセッションを配信

Image by Desi Mendoza

VCA Music Session

VCAに集まった声を基にVCA専属ミュージシャンが楽曲制作を行う。また、その過程を配信

VCA Voice Friends Network

VOICEで繋げていく友達の輪

​共感・相乗効果を発揮できるマッチングを提案

■ ABOUT ■

《正式名称》

一般社団法人ボイスコミュニケーティング協会

《英語表記》

Voice Communicating Association

《略称》

VCA

《法人番号》

7010005027824

《設立》

2017年12月1月

《協会理念》

誰もが自分の意見を言うことができる世の中を創造する

《ビジョン》

協会が中立の立場で個人の盾となることで

個を守り個を尊重し 個の価値を高め

個の自立を支援する

《モットー》

個人の意見をしっかり受け止め

その意見を全面的にサポートし

中立の立場で社会に発信する

■ STAFF ■

理 事 長

木村 和也

映像制作会社「株式会社ディアルモーション」代表


淑徳大学人文学部表現学科 講師

 

常任理事

有井 健紀

映像制作・イベントプロデューサー

 

常任理事

長谷川 伸昭

音楽ディレクター・ボイストレーナー

 

監  事

尾崎正彦

食育プロデューサー

Japan Shokuiku Promotion 代表 (JSP)

インターナショナルスーパーフード協会 常任理事

 
 

プライバシーポリシー

一般社団法人ボイスコミュニケーティング協会(以下、「当協会」)は、個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であることを深く認識し、業務において個人情報を取り扱う場合には、個人情報に関する法令を遵守し、慎重に取り扱ってまいります。
1.収集する個人情報に関して
当協会は、取得・収集した個人の氏名、住所、Eメールアドレス及び電話番号など個人を識別できる情報を登録フォームやセミナー申込みフォームより収集させていただきます。
2.個人情報の利用目的に関して
皆様からお預かりした個人情報は、当協会からのご連絡や業務案内、ご質問に対するご返信をする際に利用いたします。
3.個人情報の開示に関しての免責事項について
当協会では、原則としてご登録者様ご本人の許可なく第三者に個人情報を開示することはございません。ただし、法律の定めにより、国、地方自治体、裁判所、警察、その他法律や条例などで認められた権限を持つ機関から要請があった場合は、これに応じて本人の許可なく情報を開示することがあります。
4.個人情報の管理について
当協会は、個人情報を安全かつ適正に取り扱うため、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、毀損等を防止するための適切な措置を講じます。

2020年12月

【問合せ先】

一般社団法人ボイスコミュニケーティング協会

E-mail:vca.tokyo@gmail.com

 
お問い合わせ

© 2017 by Voice Communicating Association